RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
遙かなる絆-ランナー第10回
遙かなる絆-ランナー第10回
(1986年作品)地球防衛機構(EDO)シリーズ
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://www.yamada-kikaku.com/
http://www.knowledge.ne.jp/lec1379.html


■遙かなる絆-ランナー第10回
 ムーン=ウェイ軌道の下が振動している。
そこに小さな穴が開き、やがて大きくなって機械の手が現われる。
グガーン。
大きな地響き共に、全身が現われる。
戦闘用ロボットだ。それも外宇宙タイプだ。
「聞き分けのない奴らだ。そなれば、こちらも、力に訴えるさ」
 サムナーが叫んでいた。怒りに、顔はふるえている。

「心配する必要はないよ。ヘルム。僕は対ロボット戦の訓練も受けている」
 そう言うが早いか、マコトはテレポートし、ロボットの背後に回っていた。
彼の脳波は瞬時にこのロボットの内部構造をつかんでいた。
そして、その最も弱い部分を吹き飛ばしていた。ロボットは、EDOテロリストハンター
のサムナーの方にズルート倒れかかる。
 「早く、ヘルム、彼のロケ。トを奪い取るんだ」
 エスパーのマコトが叫ぶ。
二人はムーン=ウェイ軌道から、作業回路へ出て脱出ハッチに向かう。

 後から、サムナーが、叫ぶ。
 「そういうまくいくものか!」
 ロードランナー、ヘルムとマコトは、脱出用ハッチを開け、宇宙服を着て、サムナーの乗ってきた
作業用小型ロケットに辿り着こうとした。

 が、瞬間、ムーン=ウェイ軌道側壁がつき破られ、サムナーが再び、現われる。
二人の前でニヤリと笑う。
 「お二人さんに、ただでロケットを利用させると思うか」
 やにわに作業用小型ロケットは発進する。段々二人の前から遠ざかっていく。
「くそう、サムナ─め」
 瞬間、ヘルムとマコトは、再度、軌道内へテレポートしていた。
軌道上の今いた場所は白熱していた。
サムナーのロケットが、自動的に二人の居た位置にレーザービームを発射したのだ。
 「大丈夫か、マコト」

 マコトの顔は青白い。
 「大丈夫ださ、ヘルムさん。いずれにしても、もうロケットは使えないだろう。
我々は、やはりこのルートを走らねばならない」
 再度のテレポートでマコトは疲労困然し、気を失った。
「マコト、しっかりしろ」
 ヘルムは大声をあげた。
 「サムナー、聞こえているだろう、サムナー、お前がいるのはわかっている! いいか同じサイボーグ
同志という事で、俺のいうことを聞いてくれ。 マコトは唯の子供ではない。
いいか、新しい世界を生むための種子なのだ」

 どこからともなくサムナーの声が響く。

「笑わすなよ、ヘルムめ。 筋肉ロボットめ 同じサイボーグだと。
きさまは単なる鉄と機械のかたまりにすぎん、
ただ早いだけの単細胞ロボットだ。
きさまがサイボーグなものか。それにそのガキが新しい世界を生むための種子だと! 
笑わせるな。何をたわごとをいう。そいつは単なる頭でっかちのガキにすぎん。
それに俺はEDOに属するサイボーグだ。現体制を変えるような、そんな手助けが
できるわけない。そうだろう、ヘルム」
(続く)
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://www.yamada-kikaku.com/
http://www.knowledge.ne.jp/lec1379.html

author:山田企画事務所, category:SF「ランナー」, 23:30
-, -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:30
-, -